巨人・直江、プロ初セーブ!7回から3イニング完全投球で笑顔のお立ち台

[ 2021年7月2日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人10―4広島 ( 2021年7月1日    東京D )

<巨・広>3イニングを無失点に抑え、プロ入り初セーブを挙げた直江はガッツポーズ(撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 巨人高卒3年目の直江がプロ初セーブをマークした。6点リードの7回から今季初登板。3イニングをパーフェクトに封じた。昨年10月に椎間板ヘルニアの手術を受けた影響で今季は育成契約でスタート。6月28日に支配下復帰した。

 お立ち台で「1軍の舞台で投げるためにやってきた」と笑顔。宮本投手チーフコーチは「後半戦、彼の力を借りたい」と話し、先発候補に浮上した。 

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年7月2日のニュース