セガサミーが4点差を逆転 5大会ぶり日本選手権出場決定 中川が値千金の2ラン

[ 2021年6月3日 16:48 ]

日本選手権関東代表決定戦   セガサミー13―6明治安田生命 ( 2021年6月3日    大田 )

6回にチームを救う左越え2ランを放ったセガサミー・中川
Photo By スポニチ

 セガサミーが4点差を跳ね返し、5大会ぶり5度目の日本選手権(6月29日開幕、ほっと神戸、京セラドーム)出場を決めた。

 4―5の6回1死一塁から中川智裕内野手(23)が外野ネットを直撃する左越え2ラン。再び同点とされ決勝アーチとはならなかったが、値千金の特大弾となった。

 「いい場面で初球の甘い真っすぐをしっかり振り抜けた。結果を残せて良かった」。入社2年目、公式戦通算4号に笑顔がこぼれた。西田真二監督(60)も「中川の一発が効いた」と手放しで称えた。

 昨季都市対抗4強のチームは、5大会ぶりの日本選手権に挑む。近大卒の中川にとって1回戦は有観客が決定済みとあり「ボクは大阪で生まれて育った。お世話になった方々に成長した姿を見せられるよう頑張りたい」と意気込んでいた。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月3日のニュース