関学大 伝統の関関戦に先勝 ドラフト候補の黒原が7回零封

[ 2021年4月10日 15:49 ]

関西学生野球 第2節第1日   関学大2-0関大 ( 2021年4月10日    甲子園 )

<関学大・関大>7回無失点の好投で勝利を呼び込んだ関学大・黒原(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 関西学生野球春季リーグ第2節の1回戦が行われ、関学大が関大を2―0で下し先勝した。

 関学大は先発の黒原拓未が7回4安打無失点と好投。制球に苦しみ多くの走者を背負ったが、ピンチを切れ味鋭い速球と変化球でしのいだ。

 関大・野口智哉、久保田拓真との今秋ドラフト候補対決も野口の単打1本に抑えた。黒原は「ピンチでも熱くなりすぎずに冷静になれた。粘り強く投げられた」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月10日のニュース