阪神・板山&熊谷&長坂 今週中にも1軍合流、2軍戦打率・500の板山「やってきたこと出せば」

[ 2021年3月9日 05:30 ]

練習中、笑顔を見せる板山
Photo By 代表撮影

 阪神の高知・安芸キャンプに参加していた板山、熊谷、長坂の3選手が今週中にも1軍に合流する見込みとなった。

 板山は今春実戦8試合に出場し、34打数17安打で打率.500。内外野とも守れるだけに「いつ出番が来てもやってきたことを出せば、結果は出てくれる」と準備万全だ。熊谷も8試合で29打数12安打、打率.414。「どうやったらアピールできるかを最優先に考えて、1球1球大切に」と意気込んだ。矢野監督も4日に「その2人結果を残しているという点では、チャンスというのはあって当たり前やと思う。呼ぶつもり」と招集を示唆していた。

 長坂も出場7試合全てで捕手を務め、投手陣を好リード。「僕には僕の良さがあるので、そういった違いの部分を見せられれば」とアピールを誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月9日のニュース