堀内さん「今の時代に現役やってたらいくらもらえてたかなぁ(笑)」最高年俸は26勝した時の1800万円

[ 2021年1月16日 21:15 ]

堀内恒夫氏
Photo By スポニチ

 現役時代に巨人のエースとして通算203勝をマークし、巨人監督も務めた野球解説者の堀内恒夫さん(73)が15日、自身のブログを更新。大リーグ球団と交渉するためポスティングシステムを申請するも残留を決めた巨人・菅野智之投手(31)が前日14日に日本球界歴代最高となる年俸8億円(推定)で契約更改したことについて言及した。

 「菅野の年俸8億だって?凄いねぇ。いや、いいことだと思うよ。夢があっていいじゃない」とした堀内さん。「ただね、一概に言えないのは昨年はコロナ禍で試合数は減るわ無観客試合が続いたでしょ。当然、12球団の収益は落ちただろうからその辺りのバランスが各球団大変だっただろね」と各球団の懐具合を心配する思いも付け加えた。

 そして「しかし、俺、今の時代に現役やってたらいくらもらえてたかなぁ(笑)」とポツリ。「ちなみに堀内恒夫くん最高年俸が26勝した時の1800万。そして次の年が12勝。10以上勝ったけど年俸は下がったというね」と1972年に26勝した当時の年俸を明かして現実を噛み締めていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月16日のニュース