ロッテ・清田 無期限謹慎 知人と会食&虚偽報告で 春季キャンプ参加できず「深く反省」

[ 2021年1月16日 05:30 ]

ロッテ・清田
Photo By スポニチ

 ロッテは15日、清田育宏外野手(34)に無期限の謹慎(活動停止)処分を下したと発表した。

 清田は昨年9月末からの札幌遠征中に無断で知人と会食。球団は新型コロナウイルス感染の予防策として部外者との会食を禁止し、行動履歴の報告も義務付けていたが、今月8日発売の写真週刊誌「FRIDAY」に女性との不倫が報じられた。球団は清田本人を複数回、事情聴取し、この日までに球団ルールに反する不適切な行動と虚偽報告を確認した。管理者責任として、松本尚樹球団本部長も厳重注意となった。

 球団関係者は「厳正に調査したので時間がかかった」と説明。オフに2年契約を結んだ清田だが、契約解除も覚悟していたという。最悪の事態は免れたが、2月の春季キャンプは参加できず、その後も球団施設の使用は認められない。短期間での処分解除は考えられず、3月26日の開幕以降となる見通しだ。清田は球団を通じ「私の行為は決して許されるものではないと理解しております。深く反省し、また皆さまに応援してもらえるような選手になれるように自分と向き合っていく所存です」とコメントした。

 ◆清田 育宏(きよた・いくひろ)1986年(昭61)2月11日生まれ、千葉県出身の34歳。市柏から東洋大、NTT東日本を経て、09年にドラフト4位でロッテ入団。15年には打率.317、15本塁打、67打点をマークし、ベストナインに輝く。昨季は終盤に4番を任されるなど70試合で打率.278、7本塁打、23打点。1メートル80、85キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月16日のニュース