軟式天皇賜杯 大阪シティ信用金庫 先行逃げ切り8強 大野監督「次も先手必勝」

[ 2020年11月2日 05:30 ]

スポニチ主催天皇賜杯第75回全日本軟式野球大会ENEOSトーナメント第2日   大阪シティ信用金庫5-0和合病院 ( 2020年11月1日    マスカットスタジアムほか )

<大阪シティ信用金庫・和合病院>2試合連続の完封勝利で8強入りに貢献した大阪シティ信用金庫・松岡(撮影・中澤 智晴)
Photo By スポニチ

 岡山県内8会場で2回戦16試合と3回戦8試合があり、8強が出そろった。大阪シティ信用金庫(大阪)は3回戦で和合病院(愛知西)に5―0で快勝した。2日は4会場で準々決勝4試合が行われる。

 大阪シティ信用金庫が2試合とも初回に得点を挙げて逃げ切り8強入りを決めた。2回戦の足利赤十字病院戦では2点。3回戦の和合病院戦では無死満塁から小崎の左中間2点二塁打などで一挙4点を奪った。

 大野篤史監督は「先制点が大きかった。次も先手必勝で」と手応え。3回戦で先発し、前日に続いて完封勝利の松岡も「1点勝負と思っていた。先に4点もらって楽になった」と野手に感謝した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月2日のニュース