広島ドラフト1、2位コンビがそろってお立ち台 何度も見つめ合い笑顔「こんなに早く2人でここに」

[ 2020年10月10日 21:59 ]

セ・リーグ   広島3―0ヤクルト ( 2020年10月10日    マツダ )

<広・ヤ>ヒーローインタビューを終えポーズをとる森下(左)と宇草のドラフト1位、2位コンビ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島のドラフト1位・森下暢仁投手(23=明大)と同2位・宇草孔基外野手(23=法大)がヤクルト戦(マツダ)でそろって大活躍。チームの勝利に大きく貢献し、試合後は仲良くお立ち台に上がった。

 森下は初回の無死満塁、6回の1死満塁をともに無失点で切り抜け、6回8奪三振無失点の好投でチーム単独トップの8勝目(3敗)をマーク。ピンチになるほど150キロを超える速球でぐいぐい押す強気の投球で、新人王を争う戸郷(巨人)の勝ち星に並んだ。森下は5回、投前バントの処理で好フィールディングを見せ併殺に取るなど守備でも非凡なところを見せた。

 「何とかゼロで抑えることができて本当に良かったと思います」とまずは第一声を発した森下。初回の無死満塁は主砲・村上を高め直球で空振り三振に仕留めると青木を三ゴロ、中山を空振り三振に斬って取った。「点を取られたくないっていう気持ちで投げていたのでゼロで抑えることができて本当に良かったです」と笑顔で振り返った背番号18は球数を重ねて迎えた6回の1死満塁では代打・宮本と西浦を連続三振。「自分でピンチを作っているので何が何でも抑えようっていう気持ちと、点を取ってくれていたので絶対にゼロで抑えようっていう気持ちで頑張りました」と自らピンチの芽を摘み取ったシーンを振り返った。

 これで戸郷と並ぶ8勝目をマーク。新人王へ向けて前進したが、それについて水を向けられると「次も勝てるように頑張ります。応援よろしくお願いします」と鯉党に感謝する言葉でかわした森下。1―0で迎えた5回にプロ初適時打となる中前2点打を放った同期の宇草について聞かれると「こんなに早く2人でここ(お立ち台)に立てると思ってなかったので本当にうれしいです」とし、宇草の2点打が大きかったのでは?と聞かれると「相当大きいです」とニッコリ。隣ではにかむ宇草と何度も見つめ合い、喜びを分かち合った。

 お立ち台で森下から「ありがとう!」と声をかけられた宇草は「ずっとマサトが1軍で投げてて『早く来いよ』って言われてたんですけど、やっと来れて良かったです」とこちらも笑顔。「マサトが頑張って投げてたので何とか点を取りたいなと思って入りました」と5回の打席を振り返った。

 昇格即スタメンとなった6日の阪神戦(マツダ)から5試合連続先発し、早くも2度目のお立ち台登場となった宇草。「自分でもびっくりしてます」と話し、手応えについて聞かれると「まったくないです」と初々しく謙そんし、スタンドの微笑ましい笑いを誘うシーンも。「(手応えは)本当になくて。毎日一生懸命できることをやってやるっていう気持ちでいっぱいです」と一生懸命話す姿に鯉党は大喜びだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月10日のニュース