MLB今季延長戦は本塁打競争で決着?ドジャースの主砲ターナーがユニーク案

[ 2020年4月4日 02:30 ]

ドジャーズのターナー(AP)
Photo By AP

 延長戦は本塁打競争?ドジャースの主砲ターナーが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が遅れている今季の開催方法に関して、ユニークなアイデアを披露した。

 地元放送局「スペクトラム・スポーツネット」のインタビューに応じたもので、「延長10回に両チーム無得点だった場合、その後は本塁打競争で決着をつける。両チームそれぞれ打者3人を選び、5アウト制で誰が最も本塁打を打つか競う」と提案。今季は開幕後、できるだけ多くの試合を消化すべくダブルヘッダーや大型連戦の増加が見込まれ、その際に救援投手の負担を軽減することができる。

 昨季、自己最多タイの27本塁打を放ったターナーは、赤毛の長髪と長いひげがトレードマークの人気選手。NHLの延長戦のシュートアウト(アイスホッケーのタイブレーク)からヒントを得たといい「試合終了までファンを球場に留めておきたい。私はホッケーの観戦で、シュートアウトを見るのを楽しんでいる」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月4日のニュース