ヤクルト広岡が先制2ラン 3戦ぶり一発に「自分のスイングできた」

[ 2020年3月25日 14:09 ]

<練習試合 広・ヤ>2回1死二塁、広岡は左越えに2点本塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの広岡大志内野手(22)が25日、広島との練習試合(マツダ)で先制の2ランを放った。

 「6番・三塁」で先発出場。2回1死二塁から九里の外角への137キロカットボールを引っ張り、左翼席へ放り込んだ。「チャンスだったので、追い込まれる前に積極的に打ちにいきました。しっかりと自分のスイングをすることができました」と21日の阪神戦以来、3試合ぶりの一発を振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月25日のニュース