中日・福田 豪快同点弾、ビシエド不在で代役4番「完璧な当たりでした」

[ 2020年3月25日 15:56 ]

練習試合   中日―巨人 ( 2020年3月25日    ナゴヤD )

<練習試合 中・巨>7回2死、福田は同点となる中越えソロホームランを放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・福田が豪快な一発を放った。0―1の7回2死走者なしで与那原のフォークを振り抜くと、打球はバックスクリーン左へ着弾。「高めに浮いてきた球を逃さず、しっかり打つことができました。完璧な当たりでした」とうなずいた。

 21日の広島戦(マツダ)でオープン戦でもなかったアーチを放ち、復調。主砲・ビシエドが妻・アナイス夫人の手術に立ち合うため、不在の中で見事に代役4番を務めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月25日のニュース