元ヤクルトの飯田哲也氏が拓大紅陵コーチ就任

[ 2020年3月25日 14:09 ]

飯田哲也氏
Photo By スポニチ

 元ヤクルトで、昨季までソフトバンクの3軍外野守備走塁コーチを務めていた飯田哲也氏(51)が、母校・拓大紅陵(千葉)のコーチに就任した。

 昨年資格回復研修を受講し、資格を回復。04年春以来遠ざかる甲子園出場へ白羽の矢が立った。同校は昨夏から元ロッテでOBの和田孝志監督が指揮。秋には関東大会出場を果たすなど復活の兆しを見せており、飯田氏のさらなる強力サポートで押し上げる。

 この日から同校で本格的に指導を開始。野手を担当して守備や走塁などを伝授していく予定で、解説の仕事と両立しながら定期的に指導する。「母校を強くしたいという思いが強い。和田監督をしっかり助けたい。プロではこういう野球をしているよということを伝えて、それが選手の心に刺さってくれたら」と抱負を語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月25日のニュース