DeNA・上茶谷 3回2安打無失点 ローテ入りアピール、指揮官「自信持って投げていた」

[ 2020年3月25日 19:38 ]

練習試合   DeNA0―0阪神 ( 2020年3月25日    横浜 )

<練習試合 D・神>DeNA2番手の上茶谷(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの上茶谷大河投手が3回2安打無失点とローテーション入りへ猛アピールした。

 3回から2番手で登板すると、1死一、三塁のピンチを招いたがマルテをカットボールで遊ゴロ併殺に仕留めた。4回、5回はいずれも三者凡退。わずか25球で終え「ストライク先行で少ない球数でいけたのでよかった」と安どした。

 ラミレス監督は「今年の登板で一番よかった。最初のイニングはピンチをつくったがゼロで切り抜けた。かなり自信を持って投げていた」と称え、先発枠入りへも「かなりチャンスがある。それは間違いない」と前進した。

 開幕まで期間は空くが、2年目右腕は「やることは一緒。次の開幕予定に合わせて練習するだけ。まだまだアピールしていかないといけない」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月25日のニュース