阪神先発・ガンケル 3回無失点、2試合連続炎上から修正

[ 2020年3月25日 17:05 ]

練習試合   阪神―DeNA ( 2020年3月25日    横浜 )

<練習試合 De・神>力投する阪神先発・ガンケル(撮影・平嶋 理子)                                    
Photo By スポニチ

 DeNAとの練習試合で先発した阪神のガンケルが3回無失点と好投した。

 初回を3者凡退で立ち上がると、2回は宮崎にこの試合初安打を許すも無失点。3回は四球と安打で2死一、二塁まで攻め込まれたが、新助っ人オースティンを内角直球で見逃し三振に仕留めてピンチを切り抜けた。

 直近の登板2試合はいずれも7失点を喫しており、先発ローテーション入りへ“背水”の意味合いが強いマウンドだった。その間痛打されるケースが多かったストレートを、この日は丁寧にコーナーに集め、強力打線を手玉にとった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月25日のニュース