最多得票は藤浪 SNS連動企画「虎党が選ぶ開幕ローテ 5、6番目の男は誰!?」

[ 2020年3月18日 06:30 ]

阪神・藤浪
Photo By スポニチ

 SNS連動企画として「虎党が選ぶ開幕ローテ 5、6番目の男は誰!?」をTwitterで開催し、藤浪晋太郎投手(25)が投票対象(7人+その他)では最多の1481票を集めた。次点は651票のロベルト・スアレス投手(29)。決着が読めない激しい争いの最中、背番号19の復活を望む虎党の声が目立った。(取材・構成 遠藤 礼、巻木 周平)

 アンケートは先発5、6番手の候補とされる岩貞、藤浪、中田、岩田、秋山、飯田、スアレスに「その他の投手」を加えた8つの選択肢を設定して実施した。全員に200票以上が集まった中で頭一つ抜けたのが藤浪だ。

 投票してくれた虎党の声を紹介したい。

 『マーベルだーく』さんは「試合を重ねるごとに抜け球が減っているし、変化球も良くなっている」と確かな前進を実感。『虎翼 YI5G』さんも「昨シーズンまでの“頑張れ!”から“任せた!”と思える雰囲気に変わってきたと思います」と同意した。期待値だけでなく、結果を踏まえた意見が集まった。

 『ほーく@W175N57』さんは「メッセが引退した翌年の藤浪投手の復調には、運命めいたものを感じます」とメッセンジャーの後継者になることを期待。『虎命』さんも「藤浪は将来のエース。何が何でも使うべき」と力強く言い切り、『なにわboy』さんは「藤浪投手が戦力として機能して、ぶっちぎりで優勝してほしいです!」と虎党の理想を代弁した。

 藤浪に次ぐ651票を集めたスアレスは、加入当初に目された中継ぎ起用から先発テストのマウンドで好投したダークホース的存在だ。最速161キロの剛球を持ち味とする中、別の魅力を支持する声が上がった。

 『でっちゃん』さんは「コントロールが安定しているように見えました。あの球の速さとコントロールがあれば、先発でも大丈夫なのではないかと思います」と適正を感じ、『斗来(トキ)』さんも「少ない球数で抑えていたので、長いイニングでも投げられるのではないかと思います」と期待。さらに「外国人枠の関係で開幕1軍は難しいかもしれませんが、希望としては、投げて欲しいです」と願うほどだった。

 先発5、6番手の椅子を巡る争いは、まだまだ続く。延期期間が長引けば、今回の対象選手から3人以上が開幕ローテーションに食い込む…なんて決着もあるかもしれない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月18日のニュース