ロッテ先発・二木 4回2失点に不満げ「勝負球の前のところで打たれた」

[ 2020年3月18日 17:13 ]

練習試合   ロッテ6―2DeNA ( 2020年3月18日    横浜 )

<練習試合 D・ロ>力投するロッテ先発の二木(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 先発ローテーションの一角を期待させるロッテの7年目・二木は先発で4回5安打2失点だった。

 「納得はしていない」と二木は不満そうな表情。100キロ台の緩い球を織り交ぜながら大きく崩れることはなかったが、2回に柴田の2ランを浴びるなど痛打される場面も目立った。「勝負球の前のところで打たれていた」と反省した右腕。「そこを強く投げるのか、かわすのか、考えないといけない」と今後の課題を挙げていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月18日のニュース