ロッテ・大谷 制限大幅超え52%減額、4000万円でサイン「球団には感謝」

[ 2020年1月13日 05:30 ]

契約更改し、険しい表情で会見するロッテの大谷(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ロッテの大谷がZOZOマリンスタジアムで契約更改交渉を行い、4400万円減の年俸4000万円でサインした。減額制限(年俸1億円以下は25%)を大きく超える52%ダウンも「結果の世界だし仕方がない。こういう金額にはなったが、球団には感謝している」。

 昨季はわずか2試合の登板で0勝2敗、防御率10・80。10年目で初めて未勝利に終わった。巻き返しのシーズンへ「チームの目標である優勝の力になれるように」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月13日のニュース