巨人ドラ3・菊田 “野菜効果”実感「次の日に疲労が残らない」

[ 2020年1月13日 05:30 ]

巨人の新人合同自主トレでノックを受ける菊田(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト3位・菊田(常総学院)は、地元・茨城の「知名度アップに貢献したい」と将来的な目標を口にした。まずは野菜嫌いを克服してプロ仕様の体をつくる。

 入寮まで一切口にしなかったが「キャベツ、レタス、頑張ったらトマトも食べられるようになった。次の日に疲労が残らない」と効果を実感する。正月に大量に食べた餅の影響で現在97キロの体重を「鍛えます。マッチョ系もいいですね」と、94キロまで絞る予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月13日のニュース