【2020年ドラフト候補】有村大誠&栄枝裕貴 立命大バッテリー勝負の1年

[ 2020年1月4日 05:30 ]

笑顔を見せる立命大・有村(左)と栄枝のバッテリー
Photo By スポニチ

 立命大バッテリーにとっても勝負の1年となる。151キロ右腕の有村は秀岳館3年春夏ともに甲子園大会4強入り。大学でも昨春にリーグ戦初完投初完封するなど着実に階段を上ってきた。今季は、エースだった坂本(DeNAドラフト2位)が抜け主戦として期待される。「この冬は投げ込む。中1日のイメージでブルペンに入る」。1、3戦目の先発を想定し体力強化と同時にチームの柱としての自覚も持つ。

 栄枝は真価が問われる。昨年は主将だった大本の陰に隠れ先発出場は春、秋リーグ戦でともに1試合のみ。「いつの間にか代打キャラになっていた」と苦笑したように打撃面で力を発揮したが最大の魅力は二塁送球完了1.8秒台の強肩を含めた守備面だ。昨年は大学侍ジャパン候補合宿にも初招集されただけに「シーズンを通して試合に出て、どれだけの評価を得られるか」と表情を引き締める。

 立命大は17年の東(DeNA1位)、18年の辰己(楽天1位)、19年の坂本と3年連続で上位指名を輩出。今年も先輩に負けない才能豊かな2人がいる。

 ◆有村 大誠(ありむら・たいせい)1998年(平10)11月29日生まれ、大阪府枚方市出身の21歳。1メートル85、88キロ。右投げ右打ち。

 ◆栄枝 裕貴(さかえだ・ゆうき)1998年(平10)5月16日生まれ、高知県高知市出身の21歳。1メートル79、80キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月4日のニュース