中日ドラ1 石川昂 令和の三冠王になる! 初アーチ予告「レフト中段」

[ 2020年1月1日 05:30 ]

本拠地・ナゴヤドームを背に、バットを構える石川昂(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 令和の「三冠王」は俺だ!中日・石川昂はプロでの目標にこの3文字を掲げている。

 「将来は3冠王を目指して日々努力していきたい」
 高校通算55本塁打。佐々木らとともに戦ったU18W杯では全8試合で4番に座り、打率・333、1本塁打と木製バットへの高い適応能力を見せた。本拠地となるナゴヤドームで活躍する姿も明確にイメージしている。初ホームランは「レフトに。中段で」と宣言。「長打力に注目して欲しい」とファンを沸かせる自信はある。

 間もなく始まるプロ生活に向けて、トレーニングにも余念がない。精力的にウエートトレーニングに励み、体重は昨夏の愛知大会後から9キロ増量。「制服のズボンがしゃがんだときに破れそうで危ないです」と照れくさそうに笑う。

 3冠王獲得に向けたプランも練っている。1年目から「レギュラーを狙い」、3~5年目は「中軸を打っていたい」。そして7年目は「タイトルを取って勝負の年」とし、10年を目途に三冠王に輝くつもりだ。「今のプロの強打者は3割30本、100打点が最低ライン。まず、その記録に乗れるようやっていきたい」。頼もしい主砲候補が竜にやってきた。(徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月1日のニュース