“秀才軍団”宇都宮、21世紀枠候補に!96年ぶり甲子園へ「最終発表まで粛々淡々と精進」

[ 2019年12月14日 05:30 ]

センバツ21世紀枠 9候補発表

21世紀枠候補に決まり意気込む宇都宮高ナイン(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 日本高野連は13日、第92回選抜高校野球大会(来年3月19日から13日間、甲子園)の21世紀枠候補9校を発表した。近大高専(三重)以外の8校は公立校。秋季栃木県大会ベスト8の宇都宮(栃木)は県内屈指の進学校で1924年夏以来、96年ぶりの甲子園出場へ春の知らせを待つ。出場3校は、一般選考の29校(神宮大会枠を含む)とともに、来年1月24日の選考委員会で決まる。

 部員19人の表情はすぐ引き締まった。「おめでとう。本校が関東・東京の21世紀枠に推薦されました。文武両道の活動が評価されたものですが、1月の最終発表まで粛々淡々と精進してほしい」と村山二郎校長(60)の報告にうなずくと、ナインは普段通り午後5時、真っ暗なグラウンドに飛び出した。

 今年の東大合格者12人の県No・1の進学校だが甘えはない。平日の午後7時以降は自主練習。エース兼主将の藤田壮大(2年)は「投球練習だけするチーム状況ではない」と30分のティー打撃をノルマに課す。帰宅は午後10時すぎだが、1時間半机に向かうと、翌朝7時半からの早朝練習に参加。秋季栃木県大会の準々決勝、青藍泰斗戦は初回6失点KOされただけに、制球力向上に励む。

 約100人の文系コースの中、テストで5位以内をキープする中山太陽外野手(2年)は東大合格での野球部入りを目指す。秋季栃木県大会3回戦では本塁打を放ち県高校選抜に選出された3番打者だ。「勉強もしっかりしながら(大学は)神宮で野球がやりたい」。日本野球史創成期に功績を残し、1959年に野球殿堂入りした故・青井鉞男(えつお)氏は同校OB。旧制一高在学時にエースとして米国人チームに初めて勝った日本投手で「自分の高校から東大に入って初めて米国チームを倒したと聞いてます」と中山は、偉大な先輩に近づこうと、この日もバットを振った。

 唯一の甲子園出場は宇都宮中時代の1924年夏。創部123年を誇る伝統校は、昭和、平成を超え、令和の甲子園出場へ吉報を待つ。(伊藤 幸男)

 ▽宇都宮高等学校 1879年(明12)創立。栃木県最古の男子高として文武両道を実践。今年の東大合格者12人、早大合格者32人、慶大合格者41人。野球部員は19人。1924年(大13)夏には初の甲子園開催となった第10回全国高校野球選手権に出場した。

 ▽21世紀枠 甲子園への出場機会を広げるために01年の第73回大会から導入。練習環境などのハンデ克服や地域貢献など戦力以外の要素も加味する。秋季都道府県大会16強(加盟129校以上の場合は32強)以上を条件に全国9地区から1校ずつ候補校として推薦。東(北信越、東海以東)、西(近畿以西)から1校ずつ、残り7校から3校目を選ぶ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月14日のニュース