拓大・内田監督が退任表明 後任は馬淵史郎氏の長男・烈氏

[ 2019年11月25日 05:30 ]

記者団の取材に応じる拓大の内田監督
Photo By スポニチ

 東都大学野球リーグの拓大・内田俊雄監督(73)が24日、今年限りで退任を表明した。リーグ表彰式に出席した同監督は「今年初めから決めていた。選手に付き合ってやることができない」と理由を明かした。

 78年から亜大を率い、1部リーグで13度優勝、春秋5度の全国制覇を達成。06年から拓大を指揮し、13年春の入れ替え戦で創部初の1部昇格へ導いた。後任には明徳義塾・馬淵史郎監督の長男で、同大コーチの馬淵烈氏(30)が昇格する。

続きを表示

2019年11月25日のニュース