侍ジャパン 初実戦4番は誠也! 稲葉監督が信頼「本当に意識の高い選手」

[ 2019年10月25日 05:30 ]

侍ジャパン 練習試合・日本ハム2軍戦 ( 2019年10月25日    サンマリン宮崎 )

練習試合に向けて笑顔で打撃練習する鈴木(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 来月2日開幕の国際大会「プレミア12」に臨む侍ジャパンの初実戦となる25日の練習試合・日本ハム2軍戦(サンマリン宮崎)の4番に、広島・鈴木が指名された。

 稲葉監督が前日練習を終えスタメンを公表した。「4番は鈴木誠也でいきます。本当に意識の高い選手。あの若さにして責任感も強い」と期待を寄せた。17年3月の第4回WBC以来2年半ぶりの代表復帰で、17年夏の稲葉監督就任後は初選出となる。

 かねて「僕の勝手ですが、4番は右の長距離砲というイメージ」と理想の4番像を口にしていた。鈴木は「実戦が空いている。早く取り戻せるようにやっていきます」と感覚を戻すことを優先させる。稲葉監督もその考えで、サインは出さず、特別ルールでともにDH出場の山田哲は一塁、近藤は右翼など、本番で想定される守備位置を経験させる予定。2番菊池涼には「小細工もあり、1点をしっかり取る野球ができる」と語った。 (後藤 茂樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月25日のニュース