日本ハム・吉田輝をフィリーズが視察 担当部長が絶賛「則本に匹敵する直球」

[ 2019年2月5日 13:11 ]

<日本ハム2軍キャンプ>ブルペンで投げる吉田輝(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18=金足農)が5日、沖縄・国頭村の2軍キャンプに参加し、キャンプ2度目のブルペン投球を行った。

 スライダー、カーブを交えて今年の中では最多の50球。新人合同自主トレ中も含めた、これまでの6回のブルペンの中で3球程しか使わなかった、ノーワインドアップで全球を投じた。

 視察したフィリーズの大慈彌功環太平洋担当部長は、「おととい楽天の則本を見てきたけど、指にかかったときの直球は、匹敵する。これからも見ていきたい」と絶賛した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月5日のニュース