エンゼルス、本拠と1年契約延長へ アナハイム市と合意の見込み

[ 2019年1月12日 05:30 ]

 エンゼルスは本拠・エンゼルスタジアムのリース契約を、20年まで1年間延長することでアナハイム市と合意する見込みであると10日(日本時間11日)、地元紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)が報じた。

 大谷が所属するチームは16年連続で観客動員300万人以上を記録。しかし、球団は「全ての選択肢を検討する」として昨年10月、19年終了後にリース契約を破棄できる権利を行使。移転が取り沙汰されていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月12日のニュース