ヤクルト川端 現役引退の妹・友紀さんの分も「頑張らないと」

[ 2019年1月12日 05:30 ]

ヤクルトの川端
Photo By スポニチ

 ヤクルト・川端が今季、妹の分まで活躍することを誓った。愛媛県松山市で自主トレを公開。キャッチボールやノックで汗を流した31歳は、実妹で女子プロ野球選手の友紀さんが昨年12月に現役を引退したことに触れ「両親がずっと僕の試合と妹の試合を見に来てくれていた。でも、今季からそれが半分なくなってしまう。その分、僕がしっかり頑張らないと」と意気込みを語った。

 一昨年に椎間板ヘルニアの手術を受け、昨季は97試合の出場にとどまった。オフは腰回りの筋肉を強化し「昨年より不安はない。順調にやってこられている」。川端家の期待を一身に背負い、再び絶対的レギュラーに返り咲く。 (黒野 有仁)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2019年1月12日のニュース