大谷、憧れ雄星との対戦「楽しみ」輝星らルーキーへ「現場って」

[ 2019年1月12日 05:30 ]

テレビ朝日スポーツ放送大賞を受賞した大谷(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が11日、テレビ朝日の「第53回ビッグスポーツ賞」でスポーツ放送大賞を受賞し、都内のホテルで行われた授賞式に出席。西武からポスティングシステムを利用して、同地区のマリナーズに入団する菊池雄星投手(27)との対決を心待ちにした。

 「僕が安定して出られれば必ずやる(対戦する)チャンスはあると思う。楽しみながらやりたい」。花巻東の3年先輩との対戦は日本ハム時代に打者で5打数2安打、3三振。投手としても4度、投げ合った。今季は4月1日(日本時間2日)を皮切りに19試合が組まれている。「年も明けたので、もっとうまくなって今季に向かって頑張っていきたい」と力を込めた。

 スポーツ放送大賞を受賞したが、控室では中日・根尾、古巣・日本ハム・吉田輝ら新人5選手に「頑張ってね」と優しく声を掛け、壇上では記念撮影。この日、一番のフラッシュを浴びた後は会釈し、さっそうと会場を後にした。(柳原直之)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月12日のニュース