ソフトB明石、若手に負けん「阻止する」野手唯一の“ダイエー戦士”

[ 2019年1月12日 05:30 ]

ティー打撃を行う明石(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 プロ16年目のソフトバンク・明石が相乗効果を訴えた。野手で一人だけダイエー時代を知るベテランは「ずっとチームを見てきて、若手にとってはチャンスでしかない」と若手の底上げを促した上で、「それを阻止するのが仕事」と競争心をあおった。

 昨年は腰痛で出遅れた反省を踏まえ、今年は一人で自主トレを行う。この日は福岡県筑後市のファーム施設で汗を流し、「一人だと調整がきく。ケガをしない体づくりをしたい」と話した。

 ○…三重出身のソフトバンク・江川は同郷の女子レスリングの吉田沙保里さんの魂を見習う。面識はないが、10日は地元スターの引退会見に釘付けになったという。「日本を背負ってプレッシャーがある中で、楽しめたのか、気持ちの面で聞きたいことがたくさんある」。右の代打の切り札を目指す32歳が、霊長類最強女子に負けない勝負強さを追い求める。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2019年1月12日のニュース