ソフトB武田&大竹 “三種の神器”でフォーム固め

[ 2019年1月11日 05:30 ]

長い棒を使ってトレーニングする武田(左)と大竹(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・武田と大竹が福岡県春日市内で特殊な用具を使った自主トレを公開した。軸足に医療用の膝ギプスを装着。さらに、武田が手作りした平均台と高さ約50センチ程度の台形の箱に乗って投球練習を行った。

 目的は本塁方向へ力が最も伝わるフォームの確立で、武田は「ボックス、ギプス、平均台は三種の神器。いろいろ考えてフォームを固める」と説明。「最低でも2桁は勝ちたい」と先発投手としての活躍を期し、大竹も「開幕ローテーションに食い込みたい」と意気込んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2019年1月11日のニュース