日本ハム・白村「もう後がないと思っている」 主将・中田と初の合同自主トレへ

[ 2019年1月11日 12:25 ]

<日本ハム>室内練習場で自主トレを終えた白村は、外で待っていたファンに笑顔で応える(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの白村明弘投手(27)が11日、札幌市内の室内練習場で自主トレを実施。ランニングや体重移動を確認しながらキャッチボールを行うなど精力的に汗を流して「もう後がないと思っている。結果にこだわってやっていきたいです」と表情を引き締めた。

 昨季3試合の登板に終わった右腕のオフのテーマは「フォーム固め」。この日はスタッフが至近距離からの打つノックで左右に振られるなど、下半身のトレーニングも重点的に行っている。近日中に主将の中田とともに大阪市内で合同自主トレをスタートする予定。「(中田)翔さんと自主トレするのは初めて。トレーニングもきつそうなので、肉体的にも精神的にも鍛えたいです」と目を輝かせた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月11日のニュース