楽天ドラ1辰己 岩瀬氏は「理想型。考え方が参考になった」

[ 2019年1月11日 19:45 ]

<NPB新人研修会>岩瀬氏の講義を聞く新人選手ら(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 NPB新人選手研修会に参加した楽天のドラフト1位・辰己が、元中日の岩瀬仁紀氏の講義の中から野球人生の極意を授かった。プロ19年間で通算1002試合に登板した「レジェンド」の話に深く感銘を受けたようで「オンとオフの切り替えや、自信と過信の違いなど、考え方がとても参考になった。野球選手として社会人として、自分で正しい方向に進まなければいけないと思いました」と感想を口にした。

 辰己はプロで現役を20年続けることを目標に掲げている。息の長い選手になることを夢見ているだけに「投手と野手では違うけど、野球選手として目指すべきところは岩瀬さん。理想型です」と目を輝かせていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月11日のニュース