巨人ドラ1高橋 丸との“再会”に興奮「両方凄いイメージ」

[ 2019年1月11日 05:30 ]

ドラフト1位の高橋(右)がノックを受ける中、黙々とマシンを相手に打ち込む丸(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の新人合同自主トレ2日目、ドラフト1位・高橋(八戸学院大)は丸との“再会”に胸を弾ませた。

 当時9歳だった高橋少年は、千葉経大付2年秋に丸が出場した関東大会(茨城)を観戦。「投手をやっていて、でも打撃も凄くて。両方が凄いイメージでした。(チームメートになるとは)思ってもいませんでした」。同じ室内練習場で練習し、丸のバットから聞こえる打球音に「自分がいた世界ではあり得ないような凄い音」と驚嘆。自身も居残りでネットスローを繰り返した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月11日のニュース