由伸監督“愛のムチ”沢村起用法「白紙」…実力で奪え!

[ 2017年12月26日 05:45 ]

巨人の沢村
Photo By スポニチ

 巨人・高橋監督が、沢村の起用法について「元々、力があるけど、どこで使うかは白紙。良ければ使うし、悪ければ使わない」と実力至上主義を打ち出した。

 16年のセーブ王も今季は開幕前から右肩の状態が悪く、7年目で初めて1軍登板がなかった。2月末のはり治療の際に、複数の医師から「長胸神経麻痺(まひ)となり、前鋸(ぜんきょ)筋機能障害を引き起こした可能性」を示されていたが完治し、現在はハワイで自主トレを行う。

 6日の契約更改では「最初から8回、9回を投げられるとは思っていない。ゼロからのスタート」と話していた。今季チームは8回からマシソン―カミネロとつないだが「7回の男」不在に苦しんだ。高橋監督は「後ろに力のあるピッチャーが1人でも多くいてくれた方がいい」と期待した。 (神田 佑)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年12月26日のニュース