ロッテ 清田ら6選手マリーンズジュニアを激励「ぜひ優勝を」

[ 2017年12月23日 17:10 ]

マリーンズジュニアを激励した(後列左から)ロッテ・荻野、清田、江村、吉田、唐川、中村
Photo By スポニチ

 ロッテの清田育宏外野手、荻野貴司外野手、唐川侑己投手、吉田裕太捕手、中村奨吾内野手、江村直也捕手の6選手が23日、ZOZOマリンスタジアム室内練習場でマリーンズジュニアを激励した。

 小学6年生16人で構成されたマリーンズジュニアは、27日から札幌ドームで行われるNPB12球団ジュニアトーナメントで、2010年以来の優勝を目指す。なお予選グループは27日グループA第1試合(午前8時15分開始)広島ジュニア戦、28日グループA第3試合(午後4時20分開始)日本ハムジュニア戦となっている。

 清田は「ぜひ優勝をしてほしいという話をさせていただききました。子どもたちは元気でやる気がみなぎっていた。自分たちの力を信じて力を出し切れば、きっといい結果を出してくれると思います」とエールを送った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年12月23日のニュース