強盗?マリナーズ正遊撃手 武装警察官に所持品奪われた

[ 2017年12月23日 05:30 ]

マリナーズのセグラ(AP)
Photo By AP

 マリナーズの正遊撃手セグラが故郷ドミニカ共和国で武装した警察官から暴行を受けたと、自身のインスタグラムで明かした。

 車の後部座席に乗って移動中に警察官に止められ、銃を突きつけられ、所持品を奪われたと主張し「まるで私が犯罪者かのように扱われた」。昨季リーグ最多の203安打を放ち、今季も打率.300を記録したスター選手だけに、母国でのトラブルは米国ファンの注目を集めている。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2017年12月23日のニュース