3年連続“共演” 西武 秋山 小泉進次郎氏に3打数無安打

[ 2017年12月23日 19:20 ]

小泉進次郎衆議院議員(左)から激励を受けた秋山
Photo By スポニチ

 西武・秋山が23日、地元の神奈川県横須賀市内で行われた「スポーツ交流会」に参加。同市出身の自民党・小泉進次郎衆院議員と3年連続で共演した。

 毎年恒例となった、軟式球での「投手・小泉VS打者・秋山」の真剣勝負も開催。小泉氏は秋山を中飛、中飛、二ゴロと3打数無安打に封じ「1年に1回の登板。この日を目安にコンディショニングをしてきました」と満足げに笑った。一方の秋山は「毎年ここで出た課題をシーズンで修正するという前向きな考えでやらせてもらっている。打てなかったのは悔しいですが、本当に感謝しています」と話した。

 自ら「秋山翔吾ファン」を公言する小泉氏は「秋山君が打たなくたって、打ったって、いつでも応援する。それが真のファンです。打つから秋山君を応援するんじゃない、どんなときでも応援するんです。そういう人たちが一人でも増えることを願ってやまないのが地元のファンの思い」と熱いエール。これに対し、秋山は「自分としては数字を残して、胸を張って(オフに地元に)帰ってこられるように頑張らないといけない。また応援してもらえるように頑張っていきたい」と、来季へ意欲を新たにしていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年12月23日のニュース