ロッテ清田 700万円減「苦しい一年。不安で眠れないことも」

[ 2017年12月23日 14:32 ]

契約更改を終え会見するロッテ・清田
Photo By スポニチ

 ロッテの清田育宏外野手(31)が23日、ZOZOマリンスタジアムで契約更改交渉に臨み、700万円ダウンの年俸5000万円(金額は推定)でサインした。

 今季は79試合に出場して打率・203、3本塁打、21打点に終わった。2月のオープン戦で左肩を脱臼。開幕に間に合わせるため急ピッチで調整したことが腰痛を引き起こすなど最後まで響き「苦しい一年だった。不安で夜、眠れないこともあった」と振り返った。

 それでもプロ9年目を迎える来季へ、「柔軟性を高めるためのトレーニングなど、いろいろなことに取り組んでいる」と前向きに動き出している。現役時代から自主トレをともにするなど親交の深かった井口監督が就任。15年には130試合に出場して打率・317をマークした背番号1は「結果を出して井口監督に恩返しするしかない。来年キャリアハイを目指してやりたい」と宣言した。

 なおロッテは全選手の契約更改を終えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年12月23日のニュース