ダイヤモンドバックスが平野との契約発表「目標に貢献したい」

[ 2017年12月23日 06:58 ]

今春のWBCで背番号「66」を背負った平野
Photo By スポニチ

 米大リーグ、ダイヤモンドバックスは22日、プロ野球オリックスから海外フリーエージェント(FA)権を行使した平野佳寿投手(33)と2年契約で合意に達したと発表した。

 平野は球団を通じ「優勝できるチームだと信じているし、その目標達成に貢献できるようにしたい」とコメントした。

 平野は京都・鳥羽高、京産大を経て2006年にドラフト希望枠でオリックス入り。11年に最優秀中継ぎ、14年には最多セーブに輝いた。今春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では日本代表の中継ぎとして活躍した。通算成績は549試合に投げて48勝69敗156セーブ、防御率3・10。

 ダイヤモンドバックスは今季、93勝69敗で6年ぶりにプレーオフに進出した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年12月23日のニュース