大谷 調整順調 投げて打って走って 次回検診は年明け予定

[ 2017年12月23日 05:30 ]

室内でトスバッティングを行う大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷は千葉・鎌ケ谷の日本ハム2軍施設で汗を流し、3日連続となる遠投を行った。

 70〜80メートルの距離から10月に手術した右足首のリハビリ中と思えないほど力強い球を投げ続け、ダッシュやマシン打撃などもこなした。順調な調整ぶりで「投げるのは(距離が)伸びている。8、9割の力で走れている」と高橋知幹2軍トレーナー。次回の定期検診は年明けの予定だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年12月23日のニュース