巨人、球団史上初めてCS進出逃す 4位確定 連続出場10年で途切れる

[ 2017年10月1日 17:37 ]

セ・リーグ   巨人4―5阪神 ( 2017年10月1日    東京D )

<巨・神>ベンチで渋い表情の村田ヘッドコーチ(左)と高橋監督
Photo By スポニチ

 阪神に敗れた巨人は、3位のDeNAが広島に勝利し、11年ぶりのBクラスとなる4位が確定。球団史上初めてクライマックスシリーズ(CS)進出を逃した。

 自力出場の可能性がなく、残り2戦に必勝を期した巨人だったが、先発の田口が3回に3点を先制される苦しい展開。4回に2点を返すと、5回から前日9月30日にわずか4球で危険球退場となった畠が2番手として登板したが、その5回に上本、糸井に連続ソロ本塁打を浴びて再び3点差。9回に2点を返したが及ばなかった。

 球団ワーストとなる13連敗を記録した今季。07年から始まったCSには12球団で唯一10年連続の出場を果たしていたが、記録がストップした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月1日のニュース