熊江琉唯「めちゃくちゃ緊張」水着始球式で惜しくもワンバン

[ 2017年10月1日 14:16 ]

イースタン・リーグ、日本ハム―ヤクルト戦の始球式に登板した熊江琉唯
Photo By スポニチ

 2017年三愛水着楽園イメージガールのタレント、熊江琉唯(22)が1日、イースタン・リーグ、日本ハム―ヤクルト戦(鎌ケ谷)の始球式に登板した。

 上半身はピンクの水着姿でスレンダーボディーを披露し、マウンドから投じたボールは惜しくもギリギリでワンバウンド。フルマラソンを走るなどのスポーツウーマン。「めちゃくちゃ緊張しました。自分が思っていたより、ちゃんとミットには届いたので良かった」とキュートな笑顔で振り返った。

 自身が16年に応援ランナーを務めた「鎌ケ谷ランフェスタ2017(12月3日、開催)」もアピールし、「また走りたいです!」と意欲を見せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月1日のニュース