楽天 ドラ1の武藤、片山ら4選手に戦力外通告

[ 2017年10月1日 12:21 ]

15年5月12日のオリックス戦で力投する楽天の武藤
Photo By スポニチ

 楽天は1日、武藤好貴投手(30)、大塚尚仁投手(22)、育成契約の片山博視投手(30)と伊東亮大内野手(28)に、来季の選手契約を行わないことを通告したと発表した。

 武藤は2011年ドラフト1位で楽天に入団。15年には初の開幕1軍入りを果たし60試合に登板。今季は1軍での登板はなかった。

 片山は報徳学園から05年高校生ドラフト1位で楽天入団。15年には左肘痛を理由に野手転向したが、再び投手に戻り、その後育成契約となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月1日のニュース