ソフトB島袋が左肘を手術 復帰まで3〜4カ月で今季絶望

[ 2017年8月29日 14:10 ]

ソフトバンク・島袋
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは29日、島袋洋奨投手(24)が福岡市内の病院で左肘鏡視下関節内遊離体摘出術を受けたと発表した。復帰まで3〜4カ月の見込み。今季中の復帰は絶望となった。

 興南では2010年に甲子園春夏連覇を果たし、14年ドラフト5位で中大から入団した左腕だが、1軍登板は15年の2試合のみ。今季の2軍戦は27試合1勝1敗、防御率4・63だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月29日のニュース