巨人・沢村 2軍戦で今季初勝利、2回2失点も6奪三振

[ 2017年8月29日 23:11 ]

 プロ野球のファームは29日、ナイター2試合を含めてイースタン、ウエスタン両リーグで5試合が行われた。

 巨人は日本ハム戦(ジャイアンツ)に11―6で逆転勝ち。1―1の3回、ギャレットの11号満塁本塁打などで7点を奪った。3番手で2回2安打2失点6奪三振の沢村が今季初勝利。

 DeNA―西武戦(横須賀)は西武が1―0で完封勝利。ファイフ、ガルセス、キャンデラリオの助っ人3投手が投げ、5回5安打無失点のファイフが4勝目(1敗)。DeNA先発・綾部は7回3安打1失点で10奪三振と好投も5敗目(4勝)。

 楽天はロッテ戦(仙台泉)で18安打を放って12―3で大勝。イースタン・リーグ首位の座を守った。3番・中川、7番・八百板、9番・島井が3安打の活躍。出場した10選手のうち、クルーズをのぞく9選手が打点を挙げた。ロッテは平沢が6回、藤平から5号2ラン。

 中日―阪神戦(ナゴヤ)は中日が1―0で完封勝利。先発・阿知羅は5回1/3を1安打無失点で8奪三振。9回を締めた福谷が7セーブ目(2敗)を挙げた。

 オリックスはソフトバンク戦(タマスタ筑後)に6―4で勝利。先発・斎藤が6回1/3を4安打4失点で今季初勝利(3敗)。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年8月29日のニュース