侍ジャパン新社長が就任「全部に目を配れるような監督がいい」

[ 2017年5月2日 05:30 ]

 侍ジャパンの事業会社「NPBエンタープライズ」の新社長に、読売新聞東京本社事業局スポーツ事業部長を務めていた山田隆氏(55)が1日、就任した。

 過去4回のWBCで運営に携わった山田社長は、19年のプレミア12や20年東京五輪、21年の次回WBCなどが控えた今後の4年間を「実りある期間にしたい」と言及。次期代表監督については「年代別の代表が船としたら、トップチームはその船団の旗艦。情報発信など、全部に目を配れるような監督がいいですね」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年5月2日のニュース