牧田3者凡退締め「どのポジションでも自分の仕事を全う」

[ 2017年3月9日 07:52 ]

WBC1次ラウンドB組   日本4―1オーストラリア ( 2017年3月8日    東京D )

<オーストラリア・日本>5番手で登板した牧田
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの牧田が2試合連続で最終回を締めくくった。初戦のキューバ戦では2死満塁のピンチを招いたが、この日は最後の打者を空振り三振に仕留めるなど、3者凡退で終え「緊張感はあったけど、力みにはつながらなかった」と振り返った。

 守護神の役割を果たし「どのポジションでも自分の仕事を全うする」と笑顔。小久保監督は「元々(1次ラウンドは)その方針だった」と起用の理由を説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月9日のニュース