上原“無心”33球 朝8時ブルペン入り「頭が回転していない」

[ 2017年3月9日 05:30 ]

早朝にブルペンで投球練習する上原
Photo By 共同

 カブス・上原は7日(日本時間8日)に33球の投球練習を行った。

 ブルペンはこのチーム特有の午前8時開始という早さで「もう慣れました。こんな朝早くからでは頭が回転していないので、何も考えていないです」と苦笑い。それでも、投球後はカットボールの握りなどについてコーチ陣と話し合い「握りや、リリース時にどういう力の入れ具合かを確認していた」とマウンド上で動作を繰り返していた。(メサ・小林由加通信員)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年3月9日のニュース