楽天ドラ1藤平2回3K1失点 手応え「良い感覚つかめた」

[ 2017年3月9日 05:30 ]

春季教育リーグ   楽天0―2巨人 ( 2017年3月8日    ジャイアンツ球場 )

教育リーグの巨人戦で2回1安打1失点の好投を見せた藤平
Photo By スポニチ

 楽天のドラフト1位・藤平は、巨人相手に2回を1安打1失点(自責点0)と好投した。プロ相手の対外試合は初めてで、先発で杉内との投げ合い。亀井をこの日最速となる146キロの外角直球で見逃し三振に仕留めるなど3三振を奪い、「直球でどれだけ押せるかを課題にマウンドに上がった。良い感覚をつかめた」と好感触を口にした。

 ただ、変化球はファウルで粘られる場面が目立ち、2回で要した球数は45球。「高校(横浜)では空振りが取れていた球をファウルにされる。精度を上げないと」と課題も見つかった。平石2軍監督は「故障してもいけないので最初は球数を制限して、登板間隔を空けてになる」と今後も中6日、50球をメドに2軍で実戦経験を積む方針を明かした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年3月9日のニュース