鈴木“つないだ右打ち”初安打「あれで気持ちが楽になりました」

[ 2017年3月9日 05:30 ]

WBC1次ラウンドB組   日本4―1オーストラリア ( 2017年3月8日    東京D )

 侍ジャパン・鈴木が0―1の5回無死二塁から、走者を進めるために右方向を狙った当たりが二塁内野安打。好機を広げ、松田の同点犠飛につなげた。

 キューバ戦では無安打だっただけに、「投手のところに飛んだ瞬間、終わったと思ったが、あれで気持ちが楽になりました」と勢いに乗り、9回にも左前打を放った。その後、けん制球が右肘付近に当たって痛がる様子を見せたが「大丈夫です」と問題なしと強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月9日のニュース