カナダ代表ガニエ「いいテスト」メジャー相手に150キロ連発0封

[ 2017年3月9日 05:30 ]

オープン戦   カナダ7―0ブルージェイズ ( 2017年3月7日    ダンイーデン )

 カナダは、ドジャースなどで通算187セーブを挙げ、10年に現役引退したガニエが3回に救援し、150キロを連発するなど1イニングを無安打無失点。本格復帰も視野に、昨年はカナダ独立リーグでプレーした41歳は「うまくいった。大リーガーに投げるのはいいテストになる」と満足げ。

 08年を最後にメジャー登板はないが、03年に最多セーブとサイ・ヤング賞を受賞。今回のWBC予選ではフランス代表監督を務め、今春は臨時コーチで訪れたド軍キャンプで投球練習も行い、「心身ともに準備はできた」と自信を見せていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年3月9日のニュース